« 引っ越してきました | トップページ | 義援金箱 その2 »

2010年3月 6日 (土)

義援金箱

 

はろー

Photo

ヒノマル食堂の前には

招き猫の僕ちんがいますが、

その前に義援金箱というのがあります。

 

この義援金箱は

東京都社会福祉協議会を通じて

全国の孤児に寄付をさせてもらっています。

 

全国の孤児には

自殺遺児

交通遺児

捨て子

DVで親から隔離されてしまった子供達がいます。

その数は国内で3万人にもニャります。

 

彼ら(彼女ら)は18歳にニャると

強制的に国の施設から卒業しなければニャりません。

 

僕ちんたちは、

壮絶で想像も付かない彼らの人生が、

国の施設を出るという

ある意味「卒業」し

社会に足を1歩踏み出す時に

「お祝い金」として渡すように

東京善意銀行にお願いしています。

 

どこの誰かも分からない人が

社会のどこかで自分の卒業を祝ってくれている。

「おめでとう」

そう社会からささやかな祝福を受ける彼らの心境が

何も変わらニャいニャらそれでもいい。

別に感謝してもらわニャくてもいい。

あ、ラッキー。そう考えてくれたっていい。

でも、その中で

自分が社会から祝福を受けたという

人の温かさを知ってくれる子が

1人でもいてくれるニャら、

僕ちんたちはそれでいいと思っています。

 

ヒノマル食堂は、

ただの居酒屋ではありません。

明確な信念を持った集団であることに

僕ちんはちょっぴり誇りを持っています。

 

続く。

 

|

« 引っ越してきました | トップページ | 義援金箱 その2 »

孤児院への寄付」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1341405/33653005

この記事へのトラックバック一覧です: 義援金箱:

« 引っ越してきました | トップページ | 義援金箱 その2 »