« 義援金箱 | トップページ | 新橋という街 »

2010年3月 8日 (月)

義援金箱 その2

 

へろー

Filename_0_iso2022jp1b24423f2d24532

んー

たまに背伸びをすると気持ちいいヒノです。

 

さて、義援金箱の前で

鎮座していますと、

お金を入れてくれる人に

特徴があることに気付きました。

 

どんな方が寄付をして下さるニョか。

 

実は、

足の不自由な方

お年寄り

一見恐そうなお兄さん

へべれけに酔ったサラリーマン

そういった方々が圧倒的に多いニョです。

 

「これで俺の悪事も少しは償えるかな」

そう言いニャがら入れてくれる人もいます。

 

ヒノマル食堂は現在新橋に2店舗。

来月には3号店がオープンします。

 

うちの鬼の社長は

ヒノマル食堂の前には必ず

義援金箱を置くと決めてくれています。

 

1店舗では小さい金額でも

それが多くニャればニャるほど

出来る事は多い。

 

人の心の痛みを知る人だからこそ

出来ることがある。

寄付をして下さったみニャさん。

孤児の皆を代表してお礼を言います

「ありがとうございました」

 

|

« 義援金箱 | トップページ | 新橋という街 »

孤児院への寄付」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1341405/33653107

この記事へのトラックバック一覧です: 義援金箱 その2:

« 義援金箱 | トップページ | 新橋という街 »