« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月28日 (月)

日本初。縁日系居酒屋登場!

 

Photo_4

先週金曜日の記事で

僕ちん達が一体ニャぜこの業態にたどり着いたのか

簡単ですが説明させて頂きました。

 

じゃあ理屈は分かったから

実際にどういうお店ニャんだ、という

みニャしゃんの熱いご要望にお応えして

今日からオープン前日まで、

徹底して総力取材をしちゃいます。

 

まず、縁日とはお祭りにあるものです、

お祭りとは、お祀り。

いわゆるご本尊が絶対不可欠にニャってきます。

 

ニャので、ご本尊は僕ちん。

この日の為に3匹の龍をまとった

神秘的なバージョンでお目見えすることにニャります。

 

ちゃんと祠(ほこら)も用意しまして

みニャしゃんの願いを叶えるパワーを得るために

神社で祈祷を受けてきます。

 

その神社、

実はいくつか候補があります。

ヒノマル食堂と言えば『靖国神社』かとも思いましたが

英霊のみニャしゃんに

これ以上ご苦労をお掛けする訳にもいかニャいので

『東郷神社』

『松蔭神社』

『愛宕神社』

『烏森神社』

の4つの神社のどこにお願いしようかと

社長は頭を悩ませています。

 

と、まぁ僕ちんの祈祷の話はひとまず置いといて、

お店の作りに関して少々お話ししなければ

ニャらニャい事があります。

 

縁日とは、みニャしゃんもご存知の通り

300pxyomiseyatai_2

こんニャ感じの色とりどりの「のれん」と共に

鉄パイプで組まれた屋台でずらりとニャらんで

わいわい買って気ままに食べる印象です。

 

実際に去年の博多三大祭りの筆頭

箱崎宮放生会(はこざきぐうほうじょうや)に

本店の大輔隊長が派遣されまして、

本家本流のテキ屋しゃんと共に

熱い汗を流して勉強してきてくれました。

東京に帰るときは

世界ウルルン滞在記のエンディングみたいに

ニャってたみたいですがー

その話は置いといてー

 

僕ちんたちは曲がりなりにも

飲食店の看板を掲げているので

そんニャ感じに仕上げてしまうわけにはいきません。

 

元々、縁日屋台がずらりと並んでいると

縁日横町とかそういう名前が付けられそうニャ

つまんニャいコンセプトにしかなりません。

でも、それでは面白くない。

 

飲食店は、あくまでも人間同士の絆が中心。

縁日屋台は厨房として完全に魅せる形とニャります。

 

想像してみてくだしゃい。

 

お店を外から見ると

店内から聞こえるお客さんの笑い声と太鼓の音色。

縁日屋台では焼きそばや様々な料理が

ジュージューと湯気を立てています。

 

明るい電球に照らされたスタッフは

汗をにじませニャがら

『いらっしゃい!』の声。

 

沢山の縁日から立ち上る湯気と活気の間を歩き、

ちょうちんがずらりと並んだ参道を通って頂いた後は

客席に座って頂きます。

 

笑顔溢れる店内で、

メニュー表とホールスタッフとの会話を

楽しみニャがらご注文頂くことにニャります。

 

あー止まらない。

明日に続きます。

 

| | コメント (0)

2011年2月25日 (金)

日本初。

 

Photo_3

世の中は競争です。

 

ですが、

争いや競争は同じレベルのモノ同士でしか

起こらニャいとも言います。

 

ここに競争しようにも

することが出来ニャい日本初の業態を

みニャしゃんにお披露目する事にニャるとは。

 

本当に一日千秋の想いで

スタッフ一同心待ちにしていました。

 

この数日、

この業態が完成するまでの

ニャがい道程の一部を色々と書かせて頂きました。

書き出せば膨大ニャ資料にニャるこの理論は

全て書くには1年ほど掛かります。

 

寿司や醤油を筆頭に

食べる物は、基本的に昔から変わっていニャい事。

 

接客とは業務ではニャく、

人間同士の絆造りが王道だと信じている事。

 

飲食店とは、長期に渡って繁盛店が出来にくい、

店が潰れ、業が残る、という考え方。

 

飲食店は、人の孤独を癒す

ポータルサイトの役割を持つべきだ、という事。

 

美味しい物を食べるだけなら、

お取り寄せでも良いはず。

だからと言って、美味しいという味覚は

あくまでも主観である事。

料理はあくまでも製作過程を魅せるべし、

という強烈な信念。

 

システマティックに飲食店の産業化と称して

工場で作られるようニャ無機質な料理に

強烈なアンチテーゼを感じている事。

 

ただ安いだけではニャく、

『料理』に対する『価値観』が安い、という事が

僕ちんたちが信じる王道であること。

 

独りで食べるカップラーメンほど

泣きたくニャるものはニャい。

 

誰もが幼少時代、

「お祭り行くよ」と言われた事があるはずです。

あの時、何をするわけでもニャかったのに

本当に温かく胸がときめいていました。

あの時の記憶は、セピア色ではニャく、

ちょうちんの赤や電球のオレンジの思い出です。

そして、とても楽しかった。

 

大都会東京。

その中心地で、

その思い出に浸りニャがら、

今の日本が忘れたニャにかを

取り戻す事が出来たニャら。

 

はい。

お察しの通り、

僕ちん達が志し、

作り上げようとしている世界観は、お祭り。

 

日本初、縁日系居酒屋。

これが、

長い外食産業の人生を経て、

たどり着いた1つの形とニャります。 

 

みんニャで、射的をして遊びましょう。

 

| | コメント (0)

2011年2月24日 (木)

繁盛店とは。

 

Photo  

外食産業は日本では

実は1300年以上の産業としての歴史があります。

 

そして戦国の世も終わり、

平和にニャった江戸時代中期に

日本の食文化に花が咲きました。

 

寿司

醤油

蕎麦

豆腐

刺身

ニャどニャど、

今の日本食の代名詞と言われる料理のほとんどが

この時代に生まれたわけです。

 

それからおよそ300年。

この長い時間を掛けて

日本食が研鑽の日々を重ねても

基本的な和食は

調味料の醤油や酢ニャどを基軸にしか

成り立っていません。

 

そう。

和食はすでに遺伝子の領域。

進化はあっても本質は変わっていニャい。

 

江戸時代の人々は

今のインターネット時代や、

人は飛行機という鉄の塊で空を飛んでいたり

将軍様もいニャいし、藩もニャい、

アイフォンや携帯電話をみんニャが持っているなどと

想像しろと言われても、全く想像すら付きません。

 

恐らく今から300年先の事ニャんかも

今の現代の人々だって逆立ちしたって

想像すら出来ニャい世の中にニャっているのです。

 

ですが、食べる物だけは300年以上変わっていニャい。

そして、これから先も変わらニャい。

 

食べる事は、

人間の本能ですので、

性風俗と食だけは数千年経とうとも

そこまで大きく変化する事はありません。

 

これから300年先、

今の人々が全く想像できニャい社会にニャっても

恐らく食べているものは受け継がれ続ける、

飲食業は産業の規模が縮小しても

決して淘汰されることがない、というのが

僕ちん達の基本的ニャ考え方です。

 

そして、過去にさかのぼり

300年間の歴史の中で、

これまた繁盛店も、その地区、その時代に、

生まれては消えています。

 

基本的に食べられているものは変化していニャのに、

です。

 

これを社長は

飲食『店』は消えるが飲食『業』は無くならニャい。

いわゆる『店と業』の不思議をいつも考えています。

 

ご飯屋さんで

うちは1000年以上繁盛店をやってます、

という神の領域にあるお店がゴロゴロしているニャら

絶対的な繁盛店の法則があるということです。

 

今までにニャい新しい食べ物が出た時に

ブームにニャるのとは訳が違う。

 

長期に渡って繁盛店を継続できるのは

そういうレベルの話とは全く次元が違う事です。

 

この理屈が正しい事は

これからも、繁盛店や食のブームは

長い目で見ていけば

生まれては消えていく事で証明され続けます。

 

ですが、この国には、

1000年以上『絶対に』繁盛し続ける業態が

1つだけあります。

 

それはニャにか。

 

それは明日までもうしばらくお待ち下しゃい。

 

 

| | コメント (0)

2011年2月23日 (水)

オープン日決定!!!

 

Photo_2

んんんんんんあああああああああああ

 

みニャしゃんこんにちはあああああ

 

よーやく

よーーーーやく

今度のヒノマル食堂有楽町店の

オープン日が決定しました。

 

3月3日

 

この日が、

新たニャ挑戦が始まる祈念・・いや記念すべき

大切な日とニャります。

 

今度のヒノマル食堂は

『日本初の居酒屋業態』でお目見えする予定です。

 

現在JRと共同で

建物の新築工事が急ピッチで行われ

3月1日に建築確認と消防の検査が

『無事に済めば』準備は全て整います。

 

場所は、有楽町京橋口から歩いて10秒。

都内最高峰の好立地。

 

東京国際フォーラムからも歩いて10秒。

 

ビックカメラ有楽町本店からも歩いて10秒。

 

ビックカメラ有楽町別館からも歩いて10秒。

 

1日当たりの乗降客数60万人を誇る有楽町駅の

お膝元にド派手に開業します。

 

僕ちんたちの信念と、

僕ちんたちの飲食店のあるべき姿を模索した結果、

意外にもありそうで無かった店舗のスタイルに

たどり着いてしまいました。

 

この数日、

いくつか真面目ニャ記事を書かせて頂きました。

そして、これからもいくつか書く事にニャります。

 

それはニャぜか。

 

その理由は、

書き重ねていく事で、

今度の新店舗がこの飲食業界にとって

どれだけの意味を持つのか、

みニャしゃんにも『ふーん、なるへそ』と

思って頂きたいからニャのです。

 

僕ちんのささやかニャ願いです。

 

 

| | コメント (0)

2011年2月22日 (火)

接客は業務ではニャい

 

この東京に出てきて以来

強く思う事があります。

 

Photo

 

本当は、

誰もが誰かと繋がりたいんだニャぁ、と。

 

お店でお客しゃんとお話ししていると

人の心の内側を垣間見る瞬間があります。

 

みんニャ心のどこかに

孤独を抱えている。

 

僕ちんたちは

繁盛店を作る事が目的ではありません。

ましてや、ブームを造りたいわけでもニャい。

 

月見草のように

目立たなくてもいい。

ただヒノマルを覗けば

いつも温かい人の笑顔であふれている。

 

そういうお店を目指しています。

 

その為には、

僕ちん達のお店に

人の孤独を埋める何かが必要にニャります。

 

社長曰く、

それがお客しゃんとの『絆』。

そして、

『我々は、誰もひとりぼっちにしない。』 とも。

 

この言葉を聞いたときに

僕ちんたち飲食店が、

人々の持つ孤独とどう向き合っていくべきか

ヒノマル食堂全店舗のベクトルが決まったようニャ

気がしています。

 

感覚が難しいので、

すごくかみ砕いて分かりやすく

ネットに置き換えれば

現実社会における

ポータルサイトのような考え方に近いです。

 

寂しいニャらふらっと寄ってみてくだしゃい。

隊長達も、酒の1杯ぐらいおごる器量は持ってます。

 

 

| | コメント (0)

2011年2月21日 (月)

友達

 

8

夏休みにもらう夏の友に

一度も友情を感じた事がニャいヒノです。

 

お店にいると

お客様との間に友情が芽生えるときがあります。

 

飲食店のスタッフとお客様の間に

友情は成立しニャい、と思われがちですが、

これまたガチで成立する事があるのです。

 

金銭が絡む友情ニャどあり得ニャいので

ごく希にプライベートで

飲みに行ったり遊びに行ったりします。

 

あ、ちニャみに

ここの『希』は『のぞみ』ではニャく『まれ』です。

読み間違った方は重傷ですYO-。

 

で、

今度の有楽町において

社長がブチ挙げたテーマは

『絆』であります。

 

従来の常連しゃんは当然の事、

新天地に行けば新たニャ出会いが必ずあるので

本当に楽しみにしています。

 

そして様々な絆と幸せがあふれるお店にしたい、

そう願ってやまニャいのです。

 

 

| | コメント (0)

2011年2月18日 (金)

国産とは。

 

Dfc44bb7s

基本的に

日章旗にヒノマル食堂という名前で

いかがわしさ満載のロゴマークではありますが

政治的ニャ発言はニャに一つして来ませんでした。

 

尖閣諸島の問題では

鬼の社長は

国の事で人生で初めて発狂しニャがら寝込み、

北方領土の最近のロシアの傍若無人ぶりに

鬼の社長は

国の事で初めて一瞬で気絶してしまうほどだったのに

我がヒノマル食堂は沈黙を守ったままでした。

 

ただし、1つだけ暗に込めたメッセージが

メニューにあります。

 

それは

オホーツク海産を国産と書いていることです。

北方四島は日本の領土、という

ヒノマル食堂としてのささやかニャ主張です。

 

僕ちんは最近思うのです。

北海道で獲れたタラコが

韓国に存在する日本の現地法人の手に渡り

明太子に加工されて福岡に入る。

オホーツク海産ニャのに

日本に入るときには関税が掛かる。

竹島周辺で獲れた魚介類が

韓国で加工されて日本に輸入される。

 

国産食材の境界線がとても曖昧ニャ事は

僕ちん達の解釈をとても難しくしています。

日本の商社が、海外の農地を開発した場合は?

海外からの飼料で育った畜産物は?

海外からの肥料で育った農作物は?

海外から輸入されたひな鳥を日本で育てた場合は?

一応、何日以上日本国内で育てば

国産と「言える」とニャっていますし、

最終加工地が日本ニャら

それも国産と「呼べる」らしいですが、

僕ちんが言っている事はそういう事ではありません。

 

言える、言えニャい、という解釈は

法的コンプライアンスに基づくもので

本来の誠実さとは

少し違うところにあるようニャ気がしている、という事。

 

ニャので、

とても悔しいのですが

国産食材99%という1%の余白が必要にニャる。

 

日本人の健康を外食産業が守る。

だから、日本人の手で作られた誠実な食材を

出来るだけチョイスして使う。

 

非効率極まりニャい仕入れルートの開発。

僕ちんたちのようニャ居酒屋チェーンにとって

尋常ではニャい企業努力をしニャければ

絶対に消化できニャい高い食材原価率。

 

輸入物をお構いニャしに使っている競合他社と

同価格帯で真っ向勝負している信念の全ての原動力は

愛情込めて育まれた日本の食材達が紡ぎ出す

日本人の健康と幸せに、

この国の活力を取り戻す原動力があるのだと

スタッフ全員が信じてやまニャいからです。

 

これからも、その努力は続き、

そして解釈に悩み続ける日々は続きます。

食材の表記に間違いがあったニャら、

お客さんとの間で議論を重ねたい。

 

そう思っています。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2011年2月17日 (木)

不謹慎?

 

6

棒状のものに『俺の』を付けると

色々と不謹慎にニャると考えているヒノです。

 

不謹慎といえば

皇潤を大人の夜のローションと

勘違いしていたのも僕ちんです。

 

そうです。

不謹慎の代名詞とも言えるのが

僕ちんニャのです。

 

今度の有楽町では、

ヒノマル食堂に鎮座する予定の僕ちんは

一味違います。

以前ブログでもご紹介した

ニューバージョンの僕ちんが

製作日数60日以上掛けてようやく完成しました。

 

Img_0821

 

僕ちんが見たみんニャが

招き猫に龍を背負わせるのは

不謹慎極まりニャいと言うのですが

実はこのバージョン、

招き猫神社でも認められている

正当な招き猫ニャのです。

 

日本で1匹しかいニャい唯一無二の招き猫。

詳しくは有楽町店がオープンしてから

ジロジロと見てくだしゃい。

 

神秘のベールを身にまとった僕ちん。

神社でしっかりと祈祷を受け、出陣する予定です。

 

 

| | コメント (0)

2011年2月16日 (水)

しんご

 

Photo_2

どどすこすこすこどどすこすこすこどどすこすこすこ

バカ注入!

のヒノです。

 

有楽町店の営業時間がとうとう決定しました。

朝7:00から、

朝5:00までの22時間営業です。

バカです。

バカ注入されてます。

しかも怒濤の年中無休

2交代シフトという恐ろしい勤務体系。

 

愛すべきバカたちの

大勝負までもうすぐです。

 

 

 

 

| | コメント (0)

2011年2月15日 (火)

 

Photo

男には、

どうしてもやらニャきゃニャらニャい時がある。

 

そして、背負う物の重さが

そのままその男の重さにニャる。

 

今日の社長の格言。

  

| | コメント (0)

2011年2月14日 (月)

バレンタイン

 

2

自分でチョコも作ったことだし

もらったふりをする演技も練習したし

今日は完璧だぜ。

ふふふ。

 

| | コメント (0)

2011年2月10日 (木)

有楽町~

 

Photo

もー最近あっちこっち飛び回っているので

僕ちんの四次元ポッケから

ヘリトンボという道具を出して対応しているヒノです。

 

違います。

あのキャラの道具ではありません。

あくまでもヘリトンボです。

 

僕ちんの忙しさたるや

もはや一昔前の

証券取引所のトレーダーのようニャ感じでして

お祭りのボルテージが最高潮にニャった雰囲気です。

 

有楽町店の工事もドンドン進みまして

あと2週間もすると雰囲気が見られる程度にまで

完成しそうニャのですが、

僕ちんが聞く風の噂によりますと

あり得ニャいトラブルが連発して発生していたらしく

聞けば聞くほど耳をふさぎたくニャるようニャ感じでした。

 

鬼の社長はこんニャ大事ニャ時ニャのに

風邪でぶっ倒れてしまうし

打ち合わせの行き違いで

やった工事をもう一度やり直す必要が出てきたり

いやぁ~トラブルがあればあるほど

問われるのは柔軟ニャ対応力だと痛感しています。

 

有楽町に対するヒノマル食堂スタッフの意気込みと

鬼気迫るほどの集中力、

チームの士気、団結力はかなりレベルが高く

いやぁ~本当に惚れ惚れする程です。

 

来週から開店までは

有楽町に集中した記事をアップしていきます。

 

どうぞお楽しみに。

 

 

| | コメント (0)

2011年2月 8日 (火)

CM

 

こういうCMっていいですよね。

僕ちんも大好きニャCMです。

 

| | コメント (0)

2011年2月 4日 (金)

不思議ニャこと

 

4

僕ちんの素朴ニャ疑問。

 

海外の超能力者は

ニャぜ緊急来日をしたがるのかニャー

 

| | コメント (2)

2011年2月 3日 (木)

読書

 

Photo_3

こんニャに寒いと

外に出たくニャくニャるので

引きこもりの準備をするために

マフラー巻いて

先日久し振りに本屋さんに行きました。

 

『のぼうの城』が面白かった、と

鬼の社長が言ってたので

僕ちんも買って読む事にしました。

 

いやー面白かった。

あっという間に読んでしまいました。

 

アマゾンのレビューは辛口でしたけど

僕ちんは歴史小説は初めてだったので

とても読みやすく没頭できました。

映画にニャるらしいですけど

そりゃこんニャ話ニャら映画化は当然だろうニャー

 

ただ、丹波が佐藤浩市ニャのは

ちょっとニャっとくが出来ニャい感じです。

つうか、映画でイメージが変わるだろうニャー

 

僕ちんからのオススメ小説です。

ぜひ一度読むべし。

 

 

| | コメント (0)

2011年2月 2日 (水)

2月 その2

 

Photo_2

いやぁー今しか出来ニャい事があるものです。

 

ちニャみに、

僕ちんの周囲のアイテムは

計算された配置に置いてあるので

決して散らかしているわけではニャいです。

 

そういう説を主張する男子は

僕ちんだけではニャいはずです。

 

| | コメント (0)

2011年2月 1日 (火)

2月

 

Pc

今のうちに出来る事があるのです。

 

来月にはネットすら見るヒマが

ニャくニャると思います。

 

それにしても

この動画おもすれー

 

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »