« 不謹慎? | トップページ | 友達 »

2011年2月18日 (金)

国産とは。

 

Dfc44bb7s

基本的に

日章旗にヒノマル食堂という名前で

いかがわしさ満載のロゴマークではありますが

政治的ニャ発言はニャに一つして来ませんでした。

 

尖閣諸島の問題では

鬼の社長は

国の事で人生で初めて発狂しニャがら寝込み、

北方領土の最近のロシアの傍若無人ぶりに

鬼の社長は

国の事で初めて一瞬で気絶してしまうほどだったのに

我がヒノマル食堂は沈黙を守ったままでした。

 

ただし、1つだけ暗に込めたメッセージが

メニューにあります。

 

それは

オホーツク海産を国産と書いていることです。

北方四島は日本の領土、という

ヒノマル食堂としてのささやかニャ主張です。

 

僕ちんは最近思うのです。

北海道で獲れたタラコが

韓国に存在する日本の現地法人の手に渡り

明太子に加工されて福岡に入る。

オホーツク海産ニャのに

日本に入るときには関税が掛かる。

竹島周辺で獲れた魚介類が

韓国で加工されて日本に輸入される。

 

国産食材の境界線がとても曖昧ニャ事は

僕ちん達の解釈をとても難しくしています。

日本の商社が、海外の農地を開発した場合は?

海外からの飼料で育った畜産物は?

海外からの肥料で育った農作物は?

海外から輸入されたひな鳥を日本で育てた場合は?

一応、何日以上日本国内で育てば

国産と「言える」とニャっていますし、

最終加工地が日本ニャら

それも国産と「呼べる」らしいですが、

僕ちんが言っている事はそういう事ではありません。

 

言える、言えニャい、という解釈は

法的コンプライアンスに基づくもので

本来の誠実さとは

少し違うところにあるようニャ気がしている、という事。

 

ニャので、

とても悔しいのですが

国産食材99%という1%の余白が必要にニャる。

 

日本人の健康を外食産業が守る。

だから、日本人の手で作られた誠実な食材を

出来るだけチョイスして使う。

 

非効率極まりニャい仕入れルートの開発。

僕ちんたちのようニャ居酒屋チェーンにとって

尋常ではニャい企業努力をしニャければ

絶対に消化できニャい高い食材原価率。

 

輸入物をお構いニャしに使っている競合他社と

同価格帯で真っ向勝負している信念の全ての原動力は

愛情込めて育まれた日本の食材達が紡ぎ出す

日本人の健康と幸せに、

この国の活力を取り戻す原動力があるのだと

スタッフ全員が信じてやまニャいからです。

 

これからも、その努力は続き、

そして解釈に悩み続ける日々は続きます。

食材の表記に間違いがあったニャら、

お客さんとの間で議論を重ねたい。

 

そう思っています。

 

 

 

 

|

« 不謹慎? | トップページ | 友達 »

ヒノマルの食材」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 不謹慎? | トップページ | 友達 »