« 想い | トップページ | 地震さん »

2011年3月23日 (水)

男たちよ

 

このブログを読む

グループ内全ての社員、

また日本の男達に告ぐ。

 

この国未曾有の大惨事から12日。

我々は、かつてない悲劇と苦境の淵に

今この瞬間も立たされている。

 

報道される情報が幅広くなるにつれ

被災した人々の悲痛な悲しみを目の当たりにした。

被災して壊滅状態にある吹雪の中を彷徨う人がいた。

がれきの山から家族を探す父親の姿がいる。

自衛隊によって津波の爪痕から抱え出された赤子を

抱きかかえ立ち尽くす母親の姿があった。

避難所で苦痛に顔を歪める老人の姿もある。

逃げ遅れて階段で孤独に亡くなった老人の姿もあった。

泣き叫ぶ少女の姿がネットに出る。

また、再建しましょう、と明るく話す老人の姿もある。

 

俺たちは今も続くこの悲劇の瞬間を忘れてはならない。

 

恥ずかしい事ではあるが、

この震災で、

人間とは、

人生とは、

そして人の命や絆というものを

改めて考えさせられた。

 

国連加盟国の半数以上にも及ぶ国々からの支援。

我々は決して孤島で生きる存在ではない事を知った。

国家・国民の為に文字通り戦地となった場所へ

この平和な日本には己の命も厭わない

尊敬すべき若者が

沢山存在している事を知った。

 

俺は、強く思う。

政治とは一体誰のためのものか。

崩壊した原発で

ギリギリの攻防を繰り広げている科学とは何か。

人の善意とは。

社会のインフラとは。

風評とは。

利己主義とは。

日本人とは。

 

男たちよ。

俺たちは、この国で社会に出て

それぞれが孤独な存在だと知っている。

そして自分の信念を貫くために

日々闘っていたはずだ。

 

男たちよ。

俺たちは

この難局の前に一人立ち、

時に己の孤独を直視べき立場にいる。

自分の使命が何であるか天に向かって問え。

世の空気に流されて

今の政府の対応に愚痴をこぼす

空虚な時間にうつつを抜かすな。

いかなる困難に出会おうとも、

いかに悲しみと絶望の淵に沈もうとも、

それを直視することの他に我々に術はない。

 

男たちよ。

これから歩む道の行く先を見つめ、困難の道に出よ。

己の心に真っ正直に生きよ。

不器用な男であれ。

情熱に一途な男になれ。

貧しさを恐れるな。

 

男たちよ。

闘いの時が来たのだ。

思い出に固執するな。

未来に向かえ。

腹の底にある怒りを出せ。

忘れようとしても忘れえぬであろうこの大震災の時の

今この瞬間の「己の心の動き」を忘れるな。

鎮魂の半旗を胸に、

今は真っ白の帆を掲げる時なのだ。

いまこの国で仕事が出来る事の重みを共に考えよう。

そして関東・東北にあって己の命と対峙して

文字通り生存していく事に

懸命の力を振り絞る同胞のために

反撃の狼煙を揚げよう。

 

信念の道を歩む日本の猛者たちよ。

日本復興の先兵となれ。

 

我々は、

世界史上5番目にデカい

巨大地震津波災害程がこの国を襲った事で

心が折れるほどヤワなサムライではない。

沢山の犠牲を生み出した人々の悲しみを胸に、

我々には闘える手足がまだ残っている。

 

 

 

|

« 想い | トップページ | 地震さん »

ブログ」カテゴリの記事

コメント

ヒノちんお久しぶり!
ここ一年ほどで生活が変わりお店になかなか行けなくなってしまったのですが、ヒノマルの味が忘れられずHPをのぞいた所、自宅に割と近い平塚にお店が増えていてビックリしました♪
営業が再開したら行くね。
あとブログを読んで、孤児院への義援活動をされている事やこの国を思う社長の気持ちにとても感動しました。
私もできる限りのことをしていきたいと思います。
社会にたくさんの愛を還元しているヒノマルが更に繁盛するといいね、ヒノちん☆

投稿: 丁稚 | 2011年3月27日 (日) 11時00分

ううう・・・お久しぶりですぅ

都内においでの際は、
ぜひ都内の店舗にも寄ってってくだしゃい。
地震で丁稚しゃんも大変だと思いますが
ニッポンのために頑張ってくだしゃい!!

投稿: 丁稚しゃんへ | 2011年3月28日 (月) 02時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 想い | トップページ | 地震さん »